そもそもボディタッチされる時点で嫌われてはいない

いつでも、さりげなくボディタッチをされると嬉しいものです。実は、この触られた場所によって女性の心理がそれぞれ異なることをご存知ですか?ボディタッチされた場所によって「女性はこう思っている」と知っておくと、その女性が自分に対してどう思っているのか分かるのもポイントです。

そもそも、女性は嫌いな相手には絶対にボディタッチなんてしません。ありえません。嫌いな相手と一緒にいる場合、コイツと同じ空気吸うのもイヤなんですけど~・・・です!ですから、ボディタッチをされる時点で、嫌いという事はまずありえません。ボディタッチをされたら、舞い上がっても良いと言っても過言ではありませんよ!ボディタッチは、好意を持っている相手に対して積極的になります。男性でも女性でも、ボディタッチをするとなるとちょっとした勇気も必要になります。得に男性の場合!ちょっと間違えたらセクハラになります。女性の場合、「私、この人好きかも~」「私この人が好き」となるとそのボディタッチはより積極的になります。

因みに、同じボディタッチでも相手が初対面の場合は恋愛をしたいからではありません。ただ単にセックスがしたいから、というケースが多いです。一番分かりやすいのは、会ったばかりの人なのに突然肩や腰に手を回すような男性。これはセックスさせろ、という心理が隠れている場合も。女性でも、初対面でやたらボディタッチをしてくる場合は、肉食系男子と同じように肉食系女子である可能性が高いです。

 

ボディタッチでわかる女性の心理を実験したい場合は、出会い系サイトが最も有効と言われています。

というのも、出会い系サイトで出会う場合、初対面であることが大半です。

そんな女性が出会ってどれくらいで触ってくるか、その反応でその後の成功の可否に関わってきます。

 

因みに出会い系の中でもPCMAXとハッピーメールに関しては初対面でのボディタッチが多いと言われています。

 

その理由として

 

1.人妻が多い

2.セフレ希望が多い

 

 

この2点が大きな理由です。

 

体の関係を求めてる女性が多いという事になります。

 

ペアーズなんかではまじめな出会いを求めている女性が多いので初対面でのボディタッチは比較的少ないほうです。

 

PCMAXもハッピーメールも無料で登録できるうえに、初回にポイントが付与されるので、そのポイントを使って実際にどのような女性がいるか見てみるといいかもしれません。

 

セフレ希望や体の希望を求めている女性を探すコツは、PCMAXもハッピーメールも日記機能をうまく使う事です。

 

日記を頻繁に更新している女性は寂しさを日記でアピールして男性を求めている傾向が激しく強いです。

 

また、そういう女性の日記にはあまりコメントがついていません(笑

 

つまり、そんな女性に優しいコメントを少し添えてあげるだけで簡単に落ちます(笑

 

>>PCMAXのポイント付き無料登録はこちらから

>>ハッピーメールのポイント付き無料登録はこちらから
>>おすすめ出会い系サイトはこちら


 

それではそろそろ本題に入ります。

 

頬っぺたへのボディタッチは?

頬っぺた

頬っぺた含め、”顔”へのボディタッチを行う女性は、よっぽど特別な理由
(例えば、頬っぺたのフニフニ具合が気になる人だったり頬っぺたのフニフニフェチなど)
がない限りはかなりの好感度の表われである可能性が高いです。

男性でも女性でも、”顔”という場所はプライベートゾーンであるため、
わざわざそこにボディタッチをしてくるという女性はかなり好意を持ってくれていることが分かります。

また、頬っぺたに何か付いていてそれを取ってくれるという行為も、かなり気を許していることが多いのも特徴です。

どうでもいい相手だったら頬っぺたにどんな物が付着していようが放っておきますし
わざわざ取ろうなんて思いません。どうでもいいです。

頬っぺたにフニっとしてきたり、ちょっと頬っぺたを摘んできたり、ヒゲを引っ張ってみたり、
おでこをペチっとしてきたり、そういう場合は全て”脈あり”になります。舞い上がりオッケーです。

 

肩へのボディタッチは?

肩

ボディタッチの中でも、とくにあまり意味がないボディタッチがあります。
それは”肩”です。これは、体の中で”肩”がもっとも公立な部位であるためです。

肩にボディタッチをするときは、大体緊張感をキープしている可能性が非常に高いのです。
ですので、

「おい、今俺肩にボディタッチされちゃったよ!ひょっとしたらこれ脈ありじゃねぇ!?」
と思うのは大きな勘違いです。

非常に残念ですが肩へのボディタッチには何の意味もありませんし、プライベートな意味もありません。

この子ちょっと良いなぁと思う相手に肩をボディタッチされても舞い上がってしまってはいけません。大体何も考えていないことも多いのです。

反対に、女性が肩にボディタッチをされてそれを「セクハラだわ!」と騒ぐのもちょっと大袈裟だと思います。

確かにボディタッチをされたことには変わりありませんが、
相手は大体何も考えていなくて肩にポンとボディタッチをしただけかもしれません。

 

腕へのボディタッチは?

腕

”腕”へのボディタッチはほぼ100%といっても良いくらい脈”アリ”です!おめでとうございます!

女性は、好きな人だったり気になる相手には本能的に”腕”を触りたくなるものだそうです。
例えばそれが冗談で「筋肉ムキムキだねぇ~」「腕かた~い!」と飲み会の場でのやり取りであっても、恐らく彼女はきっと好意をもっています。

筋肉をアピールしやすい場所である腕という部位は、男性の強さの象徴でもあります。
その腕におもわずボディタッチをしたくなるのはまさに
「きゃ~!!この腕で私を守って~!!」という本能が働いているためでもあります。

また、腕は体の中でもとくにボディタッチしやすい場所でもあります。
さりげなく触ることのできる場所だからこそ、
気軽に好意をアピールすることのできる場所でもあるのです。

流石に真冬にタンクトップはドン引きですが、
ちょっと薄着をしたりして筋肉をさりげなくアピールしてみるのも良いかもしれませんね。

 

手へのボディタッチは?

手

こちらもふっとした瞬間に触れやすい場所でもある部位でもあります。
腕ではなく、”手”にボディタッチをしてくる女性というのは
大体「あなたともっと近づきたい」という意味であることが多いのです。

また、異性として意識した時に手に触れることも多いのも特徴です。
偶然、ではなく意図的に手に触れるとなるとそれはもう間違いありません。

手にボディタッチしてくる女性の中でもとくに
「手おっきいね~!」「指長いねぇ~!」などと言ってガッツリ触ってくるような女性は、
あなたに魅力を感じている証拠でもあります。間違いなく脈アリです。

ですが、手をボディタッチしてくる女性の多くは相当やり手である可能性も高いです。
気軽に触れることのできる場所ではありますが、その分男の扱いに慣れている女性でもある可能性が。

 

足へのボディタッチは?

足

手や腕に比べると、より恋愛的な意味が濃いのがこの”足”へのボディタッチです。
というのも、足という場所は腕や手に比べてちゃんと意識をしなければ
絶対に触れることのない部位だからです。

わざわざ太もも(足)にボディタッチしてくるような女性はまず間違い無く脈ありです。

また、女性の持つ色気を存分に使って
「私はあなたに気に入られたいの!」「私はあなたとヤりたいの!」と思っていることも多いのが特徴です。

足にボディタッチをすることによって、あなたをソノ気にさせる気満々です。
また、あなたとお付き合いしたいと友達以上の関係になることを望んでいるときに触れる場所でもあります。

「本当にあなたのことが好きなの」とアピールするときに触る場所が、”足”でもあるのです。

 

女性からのボディタッチ まとめ

ただのボディタッチでも、女性が行うとその部位によってさまざまな意味があります。
「もしかして俺に気がある?」と舞い上がる気持ちも分かりますが、
一旦冷静になってボディタッチされた部位が一体どこなのか、しっかりと判断しましょう。

そして、ボディタッチをされて嬉しくなる気持ちも分かりますがベターな反応の仕方は1つしかありません。

それは、ボディタッチされても無反応であること、です。

ボディタッチに一々反応していると
「何この人童貞!?」「あぁ、女性慣れしてないんだろうなぁ」と思われてしまいます。

ですので、ボディタッチをされても無反応でいることが大切です。
絶対にやってはいけない反応の仕方としては、ボディタッチに舞い上がって
何?俺に惚れてんの?」などと聞いてしまうことです。

こんなことを言われたら100年の恋も冷めます。ドン引きしてしまいます。
また、ボディタッチをされてそれを返しまくるという行為も絶対にやってはいけません。
ありえません。

これらは自分に余裕の無い男であることをアピールしてしまうようなものです。
せっかくの脈アリでも、こういったドン引き行為によって一瞬で脈も無くなってしまいます。

簡単に落ちるような男性よりも、「私のボディタッチに反応しない…!?なぜ…!?」
と思わせておいたほうが何かとお得なこともあります。

女性は、こういった男性を振り向かせようと興味を持ち、あれこれと色々努力をしてくれます。
また、無反応なその態度に男らしさを覚えることも多いのがポイント。
ですので、ボディタッチは嬉しいものですがスルーしておくようにしましょう。