彼女が出来ない男性は出会い系サイトに登録すべし!

彼女の出来ない男性が彼女を作るのに最適なのが出会い系サイトです。何故今さら出会い系サイトと思われるかもしれませんが、最近の出会い系サイトは一昔前の出会い系サイトとは少し事情が変わってきているのです。

 

出会い系サイトが今見直されている理由

1 誹謗中傷禁止で明るい雰囲気になっている

一昔前の出会い系サイトは業者乱立や場を乱すものなどが多数存在して殺伐としていましたが、今の大手出会い系サイトでは、業者の徹底排除や誹謗中傷などを厳しく取り締まって、そういった事のない明るい雰囲気のソーシャルネットワークになっています。

 

雰囲気がいいので女性も加入しやすく、女性が数多く加入するから男性も加入して一大コミュニティとなっています。

 

2 業界が健全化を推奨

上記でも記載しましたが、大手出会い系サイトは業者や個人で売春を行っているような女性を徹底的に排除して場の健全化を進めていきました。

 

そのおかげで、純粋に出会いを求めている女性が加入しやすくなり、一般女性ユーザーの数がここ数年で格段に増えたのです。

 

純粋に出会いを求めている女性が数多く加入したおかげで、純粋に出会いを求めている男性も彼女を作りやすくなったというわけです。

 

3 知名度アップで女性加入者が激増

大手出会い系サイトでは知名度アップの為に一般女性誌に数多くの広告を掲載してきました。そのおかげで女性への認知度がかなりアップして女性ユーザーが格段に増えたのです。

 

全国の女性が300万人以上は加入しているので、男性も色々な女性を見つけやすくなり、普段の生活では女性と出会えない人や、自分の事を見てくれる女性がいないという男性でも彼女を作れるようになったのです。

 

300万人もいれば、色々な好みを持つ女性もいるので貴男のことを見てくれる女性を必ず見つけることが出来ます!

 

彼女を作るのに最適な出会い系サイト

PCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

国内最大規模の出会い系サイトです。この出会い系サイトに登録して彼女が出来ない男性はいないと言われるほど有名な出会い系サイトで、健全化を一番強く推し進めている出会い系サイトでも有名です。

 

常に女性の書き込みが一番活発な事でも有名なので、色々な女性と知り合いと思うならPCMAXに登録しておけば間違いありません。

 

登録料も無料で、登録時に1,000円分のポイントを受け取れるので一度どんなものか試してみるといいと思います。

 

pcmax%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3

 

ハッピーメール

こちらもPCMAXと同じくらい人気のある出会い系サイトです。但しこちらは暇を持て余した人妻の登録が多いことで有名です。

 

彼女を作りたいというよりは、少し大人の火遊びに興味があるという男性にお勧めです。

 

秘密の不倫関係を望む女性が比較的多いですが、業者や個人売春をしてくるような女性は皆無なので安心して遊べます。

 

%e3%83%8f%e3%83%83%e3%83%94%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3

 

 

以下彼女が出来ない男性の特徴です

彼女が出来ない男性というのは大抵の場合下記のような特徴があります。これらの特徴のある男性を女性はすごく嫌います。これらの特徴のある男性は彼女が欲しかったらすぐに見直しましょう!

不潔君

不潔君

モテない男性の共通点の1つに”不潔”があります。
これ、モテない男ランキングでも常に1位をキープしているほどの条件で、
いくらイケメンでも不潔というだけで女性は逃げていきます。

清潔感というのは様々な場所で必ず必要になってきます。
出会いの場でもそうですし、就職や仕事など本当に数え切れないほどあります。

不潔にしているだけで女性はもちろん、同姓からも距離を置かれてしまう恐れもあります。
不潔の条件には色々ありますが
”無精ヒゲ”
”フケやぼさぼさの髪”
”汚いツメ”
”肌荒れ”
”臭い”
などがあります。

ヒゲはオシャレヒゲなんかもありますがそれは整えている場合のお話です。
伸ばしっぱなしはオシャレでも何でもなくただただ不潔なだけです。

肌荒れは、体質にもよりますがあまりいい印象を与えることは出来ません。
肌荒れ対策にもいろんな方法があるので是非試してみてください。
規則正しい生活をすることも、肌荒れ改善の対策につながります。

また、ニオイも大切です。
清潔感があるか否かをニオイが左右することも有りえるのです。
クサイ人は大体距離を置かれますしそもそも清潔感がありません。
体臭・口臭・足のニオイなどはそれぞれ対策方法があります。
是非ニオイ対策も忘れずに行ってみてください。

 

誰にでも平等君

誰にでも平等君

誰にでも平等な男性もモテそうでモテません。
これは女性にもまったく同じことが言えるのですが、
誰にでも平等な態度で接していると、特別感が一切なくなります。

しかも、ひどい人だと
「こいつは八方美人だ」
「結局、みんなにいい人だと思われたいんでしょ?」
「人気取りですか」
と思われやすくなってしまいます。

本当は、気が弱い・トラブルを避けたい・そもそも他の人に優しくするのは当然なことだ、
と思っているだけでも実は恋愛関係において大きく損をしている可能性が高いのです。

誰にでも平等な態度は同性にはモテますが、異性にはあまり評判は良くありません。
普段からやさしいと「私だけじゃなくて、他にもやさしいから」と思われて恋愛に発展することなく、
いい人止まりで終わってしまうこともあります。

また、誰にでも優しいとやさしくされてもまったくありがたみもありませんし、
一体誰に気があるのかもわかりません。女性は、いつでも特別扱いして欲しいものです。

モテたい!彼女が欲しい!と思っているのであれば、
誰にでも平等な態度は改めて特別な人だけに優しくしてみると良いかもしれませんね。

 

良い人どまり君

良い人どまり君

真面目でやさしく、良い人である男性も
実はモテなかったり中々彼女が出来なかったりすることもあります。
なぜ、良い人なのに彼女が出来ないのでしょうか。

まず、良い人と呼ばれる人には個性が無かったり、
気を使いすぎてなかなか上手にスキンシップを取ることができなったり、
積極的になれなかったり、誰にでも優しかったりします。

どれも良いことのように見えますが、
実は恋愛関係において”良い人”というのは非常に危険なのです。

とくに、誰にでも優しく良い人というのは友達関係にはもってこいですが
いざ恋人にしようと思うと多少躊躇ってしまうものです。

”誰にでも優しい”=”八方美人””私だけという特別感がない”などと思われてしまうためです。

さらに、良い人には物足りなさを感じることもあります。
良い人には悪い要素も一切なく、ただ付き合うだけだったらこんないい人はいません。

ですが、恋愛には時々弱点というものも必要になります。
”ちょっと抜けてる感じが母性本能をくすぐる!”とか”危険な香りで恋愛も盛り上がる”など。
物足りなさを感じると、恋愛もつまらないものになって結局上手くいかないということもあります。
女性を惹きつける”弱点”も時には必要になることもあるのです。

 

勘違い君

勘違い君

勘違いでも、レベルを超える勘違いは女性も付いてこれません。
勘違い、には様々な種類やパターンがあります。

・自分はルックスが悪いから彼女が出来ない
・押しが強い男ほどモテる
・優しい男はモテない
・オタクはモテないなど。

これは一見すると、どれも間違いないように思うかもしれませんが、
実はどれも”勘違い”なのです。

ルックスは悪くてもモテる男性は居ますし、
オタクでも可愛い彼女を連れていることもありますし、
優しい男性は結婚して子供が居るなんていうこともあります。

また、自分に関する”勘違い”もモテない原因です。
たとえば、”自分は特別な存在””自分は優秀だ””自分はこんなところで終わるような男ではない”
などは痛い勘違いです。

これが、ネガティブになりそうな時に自己暗示として思い込むだけだったら問題は無いのですが、
問題はそれをクチに出してしまうことです。

普段意識をしていないのにそういうことばかりを言ってしまうと
モテるどころか女性から距離を置かれてしまいます。

自分が失敗しそうになったとき、失敗してしまった時、
落ち込みそうになったときに自己暗示として思う程度なら問題はありません。
ですが、度の過ぎる勘違いは大問題です。

今すぐそのナルシストを改善したほうが良いかもしれません。

 

自己中心的君

自己中心的君

自己中心な男性は彼女が出来にくいのもポイントです。
これは、男性だけではなく女性にも同じことがいえます。

自己中心的=相手を振り回す・いつも自分が中心で自分が基準、
ということが多いので付き合っていると周りはだんだん疲れてきてしまいます。
せっかく知り合っても、相手が自己中心的だと距離を置きたくなってしまうものです。

また、自己中心的な男性は思いやりが無いのも特徴です。
自分の欲を満たすことを最優先にし、変に堂々としていて、
さらに会話では「俺がー」「俺のー」「俺はー」「俺にー」と常に”俺””俺””俺”と一人称。

こんな相手は付き合っていても楽しくありません。
また、自己中心的な人は予定を狂わされると異常にキレるのも特徴です。
こういった理由から、自己中心的な男性はモテないのが特徴です。

モテる男性というのは、大体思いやりや気遣いが出来る男性だったりします。
自己中心的な男性は視野も非常に狭く、
思いやりに欠けるため将来を考えるのも躊躇ってしまいます。

また、自己中心的な人と一緒に居ると周りも疲れてしまいます。
ですので、自己中心的かも・・・
と自覚症状がある方は是非自分を見つめなおしてみてはいかがでしょうか。

 

理屈的すぎる君

理屈的すぎる君

理屈的な男性は、一見すると頭が良さそうに見えます、思えます。
が、ちょっとフタを開けてみるとこの理屈っぽさが面倒に感じたり、
ウザったく思われたりします。

そもそも理屈っぽい男とは、屁理屈ばかりをこねる人で
自分を正当化させるためにいちいち説明したり、一言余計だったり色々あります。

また、理屈っぽい人は物事を否定から始まることも多いのが特徴です。
否定されて嬉しいことはありませんし、面倒に感じます。
ですので、「なんか理屈っぽいよね」とかよく言われる人は要注意です。

また、高学歴だったり理系でモテない男性は、
女性と会話をすると無意識に結論を求めているなんていうこともあります。
論理的にあれこれと事実を列挙して女性を無理やり納得させようとするのも特徴です。

特にオチもなく、ヤマもない楽しいはずだった会話が一瞬で冷めてしまいます。
ただ話しをしたいだけ・ただ聞いて欲しいだけという女性も多い中、
結論を求めるなんて野暮なことはしないで、「うんうん、そうだね」と同調することが大切です。

頭はいいのに、モテない男性の多くはこの理屈っぽさが挙げられます。
これは大変損をしていると思います。

理屈っぽい性格を直すのは少々難しいかもしれませんが、
ちょっと意識をするだけでも変わってくるので「理屈っぽい」と指摘されたことがある男性は
是非一度理屈っぽいところを改善してみてはいかがでしょうか。

 

ネガティブ君

ネガティブ君

男性でも、女性でもネガティブな人はモテません。
常にネガティブな発言をしている人は総じて暗いです。
しかも、ネガティブな発言をしている人の顔は全然キラキラしていませんし、
話を聞いているこちらも疲れてしまいます。

付き合いたいなぁと思う人は、大体一緒にいていつも楽しかったり、
こちらも笑顔になったり、安心できたりといった人だと思います。

ですが、普段からネガティブな発言をしている人は一緒に居ても楽しくありません。
俺なんか・・・」「でもなぁ・・・」などが口癖になっている男性は要注意です!

また、「疲れた」などを連発するような人も危険で、
「疲れた」ばかりを言っていると言われたほうも疲れてしまいます。

中には、愚痴をこぼすことでストレスを発散するという人も居るかもしれませんが
相手を選ばないとモテません。

また、愚痴をこぼされている相手がどう思っているのかもしっかり確認するべきだと思います。
ネガティブ発言をする前に、この人にはネガティブな発言をしても
大丈夫かどうかを少し考えるだけでだいぶ印象が変わってくるのではないでしょうか。

相手にまったく疲れを感じさせない、とか、
まったくネガティブな発言をしないというのも大変難しいことだと思います。

普段ネガティブな発言が多い人は少しだけポジティブに物事を考えられるように
努力してみると良いかもしれませんね。

 

趣味>女 君

趣味君

ひとつの趣味を大事にする男性というのは、どこか一途に思われます。
ひとつの趣味を永く続けている人と、あれこれと手広く趣味をとっかえひっかえしている人では
印象もだいぶ違っていきます。

前者は一途で、後者は飽きやすい人、に見えますよね。
趣味=人に置き換えても同じように見えます。趣味にもよりますが、
一生懸命練習をしたり真面目に取り組んでみたり、
これを永く続けることが出来る人というのは恋愛においても打ち込めそうに思います。

が、趣味ばかりを大事にしている男性は総じてモテません。
共通の趣味があってそこで知り合ったという方ではない限り、
大体は趣味ばかりを大切にする男性を嫌います。

たとえば、趣味がアイドルという男性の場合。
前から大事な約束があるのにも関わらず「その日はライブでいけない」なんていわれてみてください。
腹が立つを通り越して、呆れてしまいます。

誰にも譲れない趣味がある場合、もしかしたら趣味を優先にしてしまう恐れがある場合は
あらかじめ伝えておくだけで印象も変わります。

彼女も大切だけど、趣味も大切だこれは揺るぎない事実だ!!!
という男性は是非、相手に気づかれない程度で趣味を大切にしてみてください。

 

男>女が顕著すぎる君

男友達大事君

男性の中には、男>女という男性も多く存在します。
ゲイという意味ではなく、いつでも男友達を最優先にしてしまう男性のことです。

男友達ばかりを大事にしている男性にも言い分はあります。
たとえば、
・彼女と一緒にいてもつまらない
・彼女と一緒ではバカ騒ぎができない
・彼女と一緒に居るだけじゃ人脈は広がらない
・そもそも彼女と一緒に居てもメリットが無い
などなど。

異性と一緒に居るよりは、同性とつるんでいたほうが楽しいこともありますが、
男友達ばかりを大事にしていたり優先にしていたりすると彼女は置いてけぼりを感じてしまい、
結局上手くいかないということもあります。

男性は仕事→親友→恋人→友達→家族といった具合に優先順位があります。
これも分かりますが、女性はいつでも「私を優先して欲しい」と思うものです。

男友達との関係も大切ですが、モテたい!彼女が欲しい!
と思っている男性なら是非、女性を優先にして行動してみてはいかがでしょうか。

男友達と遊ぶ頻度は以前より減ってしまう恐れもありますが、
その分彼女との付き合いも深くなるので”状況が変わったんだ”と割り切るだけで印象も変わります。
いつも彼女を優先にするのは大変かもしれませんが、
時々は彼女(や、気になる人)を優先にして付き合ってみてはいかがでしょうか。

 

束縛君

束縛君

モテない男性の中には、厳しい束縛をしてくる男性が挙げられます。
束縛されることで愛を感じる女性も居るかもしれませんが、それは稀です。

束縛というのは、行動や人間関係を制限したり何かと鬱陶しいものです。
「今日何時に帰ってくるの?」も、付き合い初めは”私のことを心配してくれる優しい人なのかな”と思うことでも、
だんだんそれが煩わしくなってくるものなのです。

相手は好きな人だからと多少我慢することは出来ても、
あまりにもひどい束縛は我慢できなくなってしまいます。
あまりにも身勝手な束縛は、愛情から来るものではなくもはやワガママです。

また、束縛する行為自体が「モテません」と言っているようなものです。
束縛をしておかないと他の男に彼女を取られてしまう!という不安から束縛をする男性も多いのです。
モテる男性の多くは束縛はしません。

それは、わざわざ束縛をしなくても彼女を繋ぎとめておくことが出来るという自信があるからなのです。
女性と付き合うと毎回束縛をしてしまう、束縛をしやすいと思っている男性は
是非一度束縛をしない付き合い方をしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、束縛が激しい男性はフラれやすいです。
そこからまた自信をなくし、また束縛をしてしまうといった負のスパイラルに陥りやすいのが特徴です。
束縛をしないで余裕のある男性を見せるのもオススメです。

 

【関連記事】
■彼氏が出来ない女の特徴

※セフレの作り方最新情報より一部抜粋